みとみらい法律事務所は「時代のニーズに応えられる身近な事務所」として、民事を中心としたリーガルサービスを提供致します

茨城県水戸市南町1丁目3-27水戸ビル2F
TEL:029-221-2675 / FAX:029-224-9185

「ひまわり」と「はかり」

漫画「呪術廻戦」の19巻が4月4日発売になりますが、その表紙

イラストが先日公開されました。

弁護士である日車寛見が枯れたひまわりを手にしています。

「ひぐるま」と打って変換したら「向日葵」が最初に出てきて

びっくりしたのですが、日車はひまわりの別名なんですね。

日車寛見は59期の弁護士で同期なので、勝手に親近感を持ってます。

 

ひまわりは弁護士の象徴として扱われています。

弁護士バッジは、外側に「ひまわり」、中央に「はかり」がデザイン

されています。

「ひまわり」が自由と正義、「はかり」は公正と平等を表している

そうです。

はかりの方は分かりやすいのですが、ひまわりが自由と正義というのは、

あまりピンと来ませんね。

ひまわりの花言葉は、あなただけを見つめている、憧れ、情熱等。

依頼者だけを見つめている、ということ…?

 

ちなみに弁護士バッジは正式には「弁護士記章」といい、「弁護士

名簿に登録したとき」に貸与されるものです。

貸与されているので、紛失すると日弁連に届出る必要があり、原則として

弁護士の費用負担で官報に公告されます。

以前は、職務を行う際に弁護士バッジを着用する義務があったのですが

(帯用という言葉の意味が不明確ですが、おそらく着用することだと

思われます)、2014年に、記章か日弁連発行の身分証明書を

「携帯しなければならない」と改正されました。

私は服に穴が空くのが嫌なこともあり、ほとんど弁護士バッジを

付けませんので、着用義務がなくなって良かったです。

  • 弁護士紹介
  • お問合わせ
  • アクセス

TEL 029-221-2675