みとみらい法律事務所は「時代のニーズに応えられる身近な事務所」として、民事を中心としたリーガルサービスを提供致します

茨城県水戸市南町3-3-33 PS第3ビル8階
TEL:029-221-2675 / FAX:029-224-9185

漫画「フラジャイル」と弁護士

病理医が主人公の漫画「フラジャイル 病理医・岸京一郎の所見」が好きです。

主人公の病理医・岸京一郎は、変人、口が悪い、人相が悪い、と散々な言われようですが、

患者や仕事に対しては真摯で、カンファレンスで他科のドクターと喧嘩はするけれど、

それは患者のためなので、実際には全然ひどくないんですよね〜。

話が進むにつれて、岸先生は、優秀すぎるし、寝ないでも平気な超人のようだし、

医学の発展に尽力したいという極めて真っ当な目標を持っていて、その他もろもろ

立派すぎて、人間というより「理想の病理医」という概念と化しているような…。

 

私は「ドクター・ハウス」というドラマが好きです。「フラジャイル」は「ドクター・

ハウス」と似ていると言われていて、そう言われるのも分かるのですが、ハウス先生は

人間的にかなりひどいのに比べて、岸先生は作中でひどい、ひどいと言われるわりに

実際にはひどくないので、似ているようで違うなぁと思っています。

でもどちらも面白いです。

 

「フラジャイル」に弁護士が複数出てきます。

主人公側の弁護士が千石弁護士、悪徳弁護士(というか詐欺弁護士)が久坂部弁護士と

宇津木弁護士。

久坂部弁護士が患者遺族について、宇津木弁護士は保険会社から紹介されて岸先生の

所属する病院につき、対立当事者の代理人なのに、実際は久坂部弁護士と宇津木弁護士が

結託しており、交渉などせずに、保険の上限額とそれを超える部分を病院から

払わせようとする、という展開でした(その上で、久坂部弁護士が依頼者から得た

報酬の一部を宇津木弁護士に分けることになっていて、弁護士法26条違反、

相手弁護士からの利益の受領というオチ)。

 

自分の職業のキャラが出てくると、いっぺんに色々気になってしまうんですよねぇ。

千石弁護士は、岸先生に対する自己紹介で修習の期を言っていたけど、非法曹に

対する自己紹介で修習の期を言う弁護士ってあんまりいないような?(言っても

普通は何のことか分からない)。

「出会い頭に大声出して、相手の反応を見て値踏みするのが弁護士の常套手段」とも

言ってたけど、そんな弁護士はいないと思います。

患者側の弁護士を顧問弁護士と呼ぶことに違和感(契約の内容によるから、

なくはない?)。

病院が依頼した弁護士とは別に、医師が個人的に依頼した弁護士を個人弁護士と

呼ぶのも違和感(個人弁護士なんて初めて聞いた)。

千石弁護士いわく、弁護士の本心と狙いは口にしないところにある(これはそうかも)、

嘘はテクニック(これは違うと思う)。

嘘はテクニックというのは無いでしょう。

弁護士は、あえて言わない・やらないことはあっても、嘘はつかないのでは。

人によるのでしょうか。

嘘をつくと、バレたときのリスクが大きいし(バレなければ良い、というものでも

ない)、弁護士には真実義務がありますし。

弁護士が演出家で、服装、表情、言葉遣い全てが目的のための演出、みたいに

言うけど、営業的なものとしてそういうのはあるとしても、そんなに(日本の)

弁護士は演出家ではないと思います…詐欺師じゃないんだし…。

 

自分の職業がフィクションに出てくると、細かいところが気になって、こまごまと

無粋なツッコミをしてしまいましたが、「俺は医者だろうが弁護士だろうが、

患者や依頼人に面と向かって「救う」なんてほざく先生は信じねぇよ」「どんだけ

高い所からもの見て喋ってんだ?」という千石弁護士の台詞に大共感なので、

他のちょっと違和感のある言動は帳消しです。

私も「人が人を救うとかおこがましい、神様か?」と思う人間なので。

 

岸先生の「患者遺族に何も隠さずすべてを説明するべきで、誰も悪くないという

ことを理解することでしか患者遺族は癒やされない」という至極真っ当な考えを理解して

守ろうとし、悪徳弁護士に真剣に怒りを感じる千石弁護士はとても魅力的なキャラ

なので、読者の多くが再登場を期待していると思いますが、弁護士の出番はトラブルが

起きたときなので、岸先生のためには出番がない方が良いのかもしれません。

医師も弁護士も、病気や紛争になってから関わることが多く、なるべく関わらずに済むと

良い職業なんだろうと思うと、ちょっと切ない気持ちです。

最近は予防医療や予防法務というものが出てきていますので、病気やトラブルが起きる前に

医師や弁護士に頼ってほしいところです。

その他の記事ARCHIVE

  • 弁護士紹介
  • お問合わせ
  • アクセス
  • 相続遺言相談

TEL 029-221-2675