みとみらい法律事務所は「時代のニーズに応えられる身近な事務所」として、民事を中心としたリーガルサービスを提供致します

茨城県水戸市南町3-3-33 PS第3ビル8階
TEL:029-221-2675 / FAX:029-224-9185

配偶者の呼び方

日本語では配偶者の呼び方がたくさんありますよね。

男性からだと、妻、家内、女房、奥さん、かみさん、嫁等。

女性からだと、夫、主人、旦那等。

他人からの呼び方は、妻は奥さん、お嫁さん、夫はご主人、旦那さん、

お婿さん等でしょうか。

個人的な感覚の話になってしまいますが、私は、男性が自分の妻を「嫁」と

呼ぶのが苦手で、法律相談で嫁、嫁と連呼されると、聞いていてちょっと

疲れてしまいます(「嫁さん」ならそこまで嫌ではありません)。

「嫁」というのは息子の妻のことであって、自身の妻を嫁と呼ぶのは本当は

おかしいですよね。

嫁の対義語は婿ですが、自分の夫を婿と呼ぶ人には会ったことがありません。

 

人が配偶者をどのように呼ぶかはその人の自由ですが、自分が法律相談や

離婚事件の打ち合わせで、相談者や依頼者の配偶者をどのように呼ぶか悩みます。

だいたいは「夫が〜」「妻が〜」と話しますが、ぞんざいに聞こえてしまう

かなぁと思ったりします。

「奥さん」「旦那さん」と呼ぶこともありますが、最近は、知り合いの弁護士の

真似をして「〇〇さん」と名前で呼んだりします。

 

法律相談等では相手の配偶者を「夫」「妻」と呼ぶのもおかしくないですが、

法律相談や打ち合わせ以外で相手の配偶者を「夫」「妻」と呼ぶわけに

いかないので、普通の会話の場の方が困ります。

「奥さん」「ご主人」「旦那さん」というのはあまり使いたくありません。

相手の配偶者の名前を知っていれば名前で呼べば良いですが、知らない場合に、

「夫氏」「夫さん」「妻氏」「妻さん」というような言い方ができたら

楽なのにな〜と思います。

 

その他の記事ARCHIVE

  • 弁護士紹介
  • お問合わせ
  • アクセス
  • 相続遺言相談

TEL 029-221-2675