みとみらい法律事務所は「時代のニーズに応えられる身近な事務所」として、民事を中心としたリーガルサービスを提供致します

茨城県水戸市南町1丁目3-27水戸ビル2F
TEL:029-221-2675 / FAX:029-224-9185

家事調停事件の種類

家庭裁判所での調停と聞くと,どのような種類のケースを想像するでしょうか。件数が多いものは,離婚,遺産分割,子の監護関係,婚姻費用です。司法統計(裁判所が受理件数等を公表しているもの)によれば,令和3年度の場合,家事調停事件のうち,夫婦関係が30.1%,子の監護に関するものが28.1%,婚姻費用が16.8%,遺産分割が10.2%,その他が14.8%となっています。

夫婦関係,子の監護,婚姻費用はいずれも夫婦関係のこじれ,別居等に伴い発生する問題ですから,家庭裁判所での調停事件の多くが,夫婦関係に関連するケースと言えます。調停を行うことにためらいのある方も多いですが,実際には,多くの方が利用している手続になります。

また,遺産分割に関しても,調停の件数はかなり多く,私どもも遺産分割の調停のご依頼を受け,遺産分割の手続を進めることが多いです。特に遺産分割の調停は,財産の評価,分割方法など専門的な議論に及ぶことも多く,弁護士のサポートが一層必要となるケースが多くあります。

 

その他には,様々な調停事件が含まれます。ケースとして多いものではありませんが,例えば,扶養の調停などもその一例です。親の介護費用などの負担をめぐり対立が発生した場合に,扶養調停を申し立てて,誰がいくらずつ負担するか決めることになります。

その他の記事ARCHIVE

2023.02.02 藤田 奈津子
住宅ローンの支払いと婚姻費用額…
2023.01.20 藤田 奈津子
遺言書の有効性についての最高裁判例…
2022.12.27 藤田 奈津子
出張での公正証書遺言作成…
2022.12.06 藤田 奈津子
高校の同窓会…
2022.11.17 藤田 奈津子
弁護士への依頼方法…
  • 弁護士紹介
  • お問合わせ
  • アクセス
  • 相続遺言相談

TEL 029-221-2675