みとみらい法律事務所は「時代のニーズに応えられる身近な事務所」として、民事を中心としたリーガルサービスを提供致します

茨城県水戸市南町1丁目3-27水戸ビル2F
TEL:029-221-2675 / FAX:029-224-9185

お勧め本

私は、この年末年始に、書店やアマゾンを使ってかなりの本を買いました。

その中からお勧めの本を2冊ご紹介します。

ぜひ、読んでみてください。

(1)永守重信著「成しとげる力」(サンマーク出版)

ご存知のとおり、永守重信さんは、一代で日本電産を築き上げた経営者です。

日本電産は売上高1兆6000億円以上、世界に300を超えるグループ企業と従業員11万人以上を抱える世界一の総合モーターメーカーです。

この本を読むと元気が出てきます。

たとえば、

「分相応でもかまわない。大言壮語でもいいから、気宇壮大な夢を抱き、その夢をあきらめず持ち続けること。そして、倦まず弛まず努力を続けることだ。そうすれば必ずや幸運の女神は微笑み、努力が報われるときがくる。」

「いかに悔いのない人生を送るかー。そのためには絶対実現したいという夢や希望をもち、これだけは成しとげるという気概と執念をもって日々生きていくことだ。」 

これ以外にも、読者を元気づけてくれるパワフルな言葉で溢れています。

非常に読みやすい本です。

 

 

(2)ジム・コリンズ、ビル・ラジアー著「ビジョナリー・カンパニーZERO」(日経BP)

ビジョナリー・カンパニーシリーズは、有名な企業がどのようにして成長し、業績を残しているのか、世代交代しても繁栄し続けられるのはなぜか、共通する特徴について解説しています。

この「ビジョナリー・カンパニーZERO」は、既存の事業を永続する偉大な企業に育てる方法がテーマであり、アドバイスの多くは、主に中小企業のリーダーのために書かれています。

私が気になったところを抜粋しますね。

「自らの成功をお金で測ると、必ず敗者になる、と。

人生における成功の真の基準は、どれだけ有意義な人間関係を築くことができたか、そして、自分のコアバリューにどれだけ忠実に生きることができたかによって決まる。

つまり、目標、戦略、戦術、製品、市場の選択、資金調達、事業計画、意思決定よりも、価値観のほうが重要ということだ。」

 

「人は価値観、理想、夢、胸躍る挑戦に反応する。

それは人間の本能だ。組織、仲間、あるいは社会の理想に共感し、価値を見出しているとき、私たちはその実現のために途方もない努力をする。

優れた価値観、健全な信念、説得力のあるミッションに基づいて組織をつくる経営者は、通常では考えられないほどの努力を引き出すための基盤を整えている。

たいていの人は、家に給料を持ち帰るだけの人生を望んではいない。信念とやりがいを持てる仕事を求めている。」

「コアバリューと理念は、あなたの内側から生まれる。」

「両者はあなた自身が内に秘めた「嘘偽りのない」価値観と理念の延長でなければならない。」

「企業のミッションステートメントの多くは、おそろしく不出来だ。たいてい会社の事業を当たり障りなく記述した言葉の羅列で、読んでも「そのとおりだが、だから何?」と言いたくなる。」

「あなたにも志のある企業、業績だけではなく価値観についても模範となるような器企業は築ける。困難を克服し、自らの成功を通じて偉大さは根本的な人間性や敬意と切り離せないものだと証明する企業を築くことができる。人生の最後に「自分がつくった会社に誇りを、自らの生き方に敬意を持てる。有意義な人生だった」と思えるような企業を築くことができる。」

気軽に手に取ったのですが、リーダーシップ、ビジョン、戦略について真剣に考え直す機会を与えてくれました。

こちらもお勧めします。

その他の記事ARCHIVE

2022.03.25 後藤 直樹
事業承継の視点…
2022.03.10 後藤 直樹
事業承継セミナー(令和4年3月9日)…
2022.02.18 後藤 直樹
話しを聴いてくれる弁護士を選ぶ…
2022.02.15 後藤 直樹
経営心理士を取得…
2022.02.10 後藤 直樹
相続セミナー(2月9日)…
  • 弁護士紹介
  • お問合わせ
  • アクセス

TEL 029-221-2675