みとみらい法律事務所は「時代のニーズに応えられる身近な事務所」として、民事を中心としたリーガルサービスを提供致します

茨城県水戸市南町1丁目3-27水戸ビル2F
TEL:029-221-2675 / FAX:029-224-9185

契約書を作る目的は?

契約書を作る目的は,

①訴訟に勝つ,②トラブルを回避する,③法的なリスクを管理するの3つ。

トラブルを避けたいなら,契約書を締結すべきです。

ちなみに契約書が作られていないために,当事者が言っていることがそもそも契約の内容に含まれているのかどうかが判然としないものが結構あります。このような場合に,裁判官は契約内容を認めてくれません。

つまり,請求できないということがおこります。

世間では,法は弱いものの味方をしてくれます。

困ったら助けてくれるという素朴な信仰?がありますが,そんなことはありません。

法や裁判は神さまが行うものではありません。

裁判は,あくまでもルールに従って行われます。

ルールを知らないで違反したら,やはりルール違反とされます。

法というルールは,社会の道義的なルールとはレベルが異なります。

道義的に許されないことがすべて違法となるわけではなく,かなり悪質なものしか違法としないというのが現実です。

ところで,契約を軽視した結果,たとえば,追加契約100万円が認められない,請求できないとなると,その100万円分の損失を他から穴埋めをしなければなりません。

利益率が10%として,100万円の契約を10本とらないと穴埋めできません。

売上げが伸びても,損失が出てしまえば帳消しであるということを認識しておくべきでありません。

 

その他の記事ARCHIVE

2022.12.05 後藤 直樹
「ビジョナリー・カンパニーZERO」について…
2022.11.08 後藤 直樹
遺留分侵害…
2022.11.01 後藤 直樹
法律相談のときの弁護士の考え方…
2022.10.28 後藤 直樹
名ばかり管理職はダメ…
2022.10.24 後藤 直樹
正しさについての意識…
  • 弁護士紹介
  • お問合わせ
  • アクセス
  • 相続遺言相談

TEL 029-221-2675